減断薬の助けにホメオパシーを活用する

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

私はホメオパスさんの話を聞いて、個人的にホメオパシーは減断薬に役立つと思っています。

と言うのも、精神薬を何年も飲んでいる人は、その間ずっと肝臓を人一倍働かせなければならなかったのですから、その分他の臓器は栄養不足になってしまっているんですね。

しかも、酷使された肝臓だって悲鳴を上げています。

そしてどんどん薬への抵抗力もなくなり動けない状態に陥っているのですから、薬をやめただけで回復を望むのはとても難しい状態です。

なので、減薬期からデトックスを心がける以上に、サプリなどで栄養をガンガン補強し、いいものを身体に入れ、悪いものを身体から出す作業が必要になります。

でもその際も、すでに弱っている臓器を回復させていくというのは、そう簡単なことではありません。

私も、完全断薬2年後に受けたメタトロンの結果がメタメタで、2年経ってもこうなのかとかなり凹んだことがあります。
(その1年後に受けたときはかなり回復していました)

臓器の回復を少しでも早くできるように試みるということは、それだけ、症状の緩和も期待できるのではないかと思うんですね。

私自身は減断薬時にはホメオパシーの知識がなかったので利用していませんが、もしその知識があったら、臓器を早く回復させる手立てとして利用していたかと思います。

効果のほどは人それぞれだと思うし、使用するにはレメディもちゃんと選ばなければいけないので、ホメオパシーのプロ、ホメオパスさんにきちんと相談してからがオススメですが。

民間療法ということで、薬の代わりにこちらに依存してしまうようでは本末転倒なので、最初に「どうしてこれが必要なのか」をわかった上で、きちんと使用できなければいけないと思っています。

この点は、ホメオパシーに関わらず西洋医学以外の代替療法を望んでいる人全員に言えますが、薬を手放す代わりに、他に頼れるものを作るのは間違いですからね。そこは本当に要注意です。

ホメオパシーのレメディを家庭で上手に使える勉強会を開催します。

詳細はこちらです。

減断薬を希望されている方でなくても、もちろん参加いただけます。
基本キットを家庭においておくだけで、少し安心が広がるかもしれませんよ。

ホメオパシーというものを、ぼんやりわかっているけれど……という方も、もっと深くちゃんとわかるチャンスです。

是非、ご参加ください^^

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ