断薬に有効な様々な補助療法(高栄養療法)

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

 

減断薬をして行くためには、様々な補助療法が有効になります。

というのも、長年薬を飲み続けていると、自分でも気づかないうちに驚くほど身体の中がボロボロにされているんですね。

筋肉も衰えてしまっているし、体力自体がなくなってしまっているので、思考も健全に働きません。

薬を減らして行く、やめて行くのに伴い、身体の機能を回復させて行くことも大切になるので、そのための補助的療法をオススメしています。

その中のひとつが高栄養療法です。

前述の通り、長年薬を飲み続けていると、飲んでいない人に比べたら、数倍も肝臓に頑張ってもらわないといけない状態が続きます。

そうすると、肝臓に一生懸命栄養を送ろうとするので、他の臓器にまで行き渡らないんです。

そんな状態を長年続けているのですから、肝臓は酷使されて疲れているし、他の臓器は栄養不足だし……身体がボロボロになっているのがわかりますね?

薬の影響でどんどん動けなくなるので、筋肉も衰えます。

身体全体が栄養不足になり、何に対しても抵抗力はなくなっています。

そんな身体を、少しでも回復させて抵抗力をつけて行くのが高栄養療法なのです。

 

断薬するために食事を気をつけるように……と言うと、多くの人が、「身体にいい食事を」と野菜中心になります。

ですがそれは大きな間違い!

まずは壊れてしまった身体を回復させるためには、栄養をガンガン与えなければならないのに、野菜中心では栄養素もパワーも全然足りないんです。

本当は食べ物だけでは全く足らないので、減断薬期だけでもいいので、サプリメントなどで栄養素を足して行きたいところです。

足したい栄養素はまんべんなく。

マルチビタミンやミネラルなどを選んでいいでしょう。

ただ、ドラッグストアなどで売られているサプリメントは栄養素の含有量はそれほどでもなく、添加物が多いので、含有量が多く吸収率がいいものを選びます。

 

よく、工藤は何を使っていたのだと聞かれますのすで参考までにお話すると……
(因みに、現在は全く飲んでいません^^;)

いくつかありますが、一番多く利用したのはダグラスラボラトリーズ というところのサプリです。

無農薬・自然素材の原料にこだわったアメリカのサプリメント と言われていて、ネットでも評判がいいですね。

 

でも、基本的には、好きなサプリメントを選べばいいかと思います。

ネットワークビジネスなんかもシステム的には嫌われていますが、質はいいと愛用されているかたも多いですからね。

お好みに合わせてご利用いただくのが一番いいかと思います。

高栄養療法のほかに、入浴療法、運動療法などがありますので、またご紹介して行きますね^^

 

 

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ