卒薬証書の意味

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

当ルームの断薬カウンセリングを卒業された方には、『卒薬証書』というものをお渡ししています。
先日もまた一人、『卒薬証書』をお受け取りになりました^^

14947677_1237036839701538_3204723043106651936_n

 

この証書は、ただ薬をやめられただけではお渡しはしていません

というのも、うちのカウンセリングは、「薬をやめたい」というご相談だけではなく、既に薬をやめられて症状に苦しまれているかた、精神的に解決できていないかたなども断薬カウンセリングの一貫としてご相談を受けているので、『薬を飲まなくなった』というだけでは、全然『卒業』ではないと思っているからです。

本当に大切なのは、
「自分に起きたことは、病気だからではなかった」
「もう自分に精神科は用はない」
「薬で治してもらうものではない」
思える心なんですね。

こう思える心は、別に特別な人だけが持てるものではありません。

誰でも少しの見直し作業とトレーニングで簡単に持てるものです。

私はこんな気持でカウンセリングをさせていただいているので、カウセリングで色々なことをお話させていただいて、
「あぁ、この人はもう大丈夫だな」
と思えるようになって卒業されるかたのみに、この『卒薬証書』をお渡しさせていただいています。

だから……断薬証書ではなく卒薬』なのです。

卒薬という言葉は、私の造語ですが……

断薬よりずーっと大切なことだと思っています。
何せ、薬を無理やり断つのではなく、自ら卒業するということで、一度卒業してしまったのだから、もう元には戻れない(戻らない)ということなのですからね^^

これからの長い人生、何が起こるかわかりません。
また動けなくなるることもあるでしょう。
また病的症状に苦しめられるような事態が起きることもあるでしょう。

けれど、何かのときにこれを見て、
「あぁ、そんなことを昔学んだな」
と、思い出していただきたいなという私の強い思いがあるのです。

なので、この証書を一人にでも多くお渡ししたいと思って、カウンセリングを頑張っています。

薬は良くないのでは……と悩んでいるあなた。
あなたも卒薬を目指しにいらっしゃいませんか?

 

 

 

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ