不眠で苦しんでいる人へ

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

不眠で苦しんでいる人は
「眠れない、眠れない」
と訴えます。
 
眠れないことを苦しいと思う人ほど、強く訴えてきます。
 
でも、これは自分に暗示をかけているのと同じ。
 
「あなたは眠くな~る」の逆ですね^^

 

まずは、自分の中から「眠れない」という言葉を、さくっとアンインスートルしちゃいましょう。
 
だからってすぐに眠れるようになるわけではないけれど、眠れないツラさからは解放されて行くので、「眠れない、眠れない」と唱えているときより心も身体も楽になっていくはずです。
 
次第に、自然に眠ることに許可を出せるようになりますよ。
 
 
私は以前、布団に横になることにも、罪悪感を抱いていました。
何故か心の中に「眠ってはいけない」という気持ちがあったのです。
 
それはきっと「眠ってはいけない」=「休んではいけない」と思い込んでいたのではないかと、今は思っています。
 
なので、よく
「あんたはマグロ(回遊魚)みたいだから止まったら死ぬね」
と言われていました。
 
そう思っているうちは眠れませんね。
私は48時間くらい起きているのはザラで、最高は70時間を過ぎてもやっと1時間眠れるくらいの異常な不眠でした。
 
それでも今ではちゃんと自力で眠れるようになりました。
 
安心してくださいね。不眠は必ず改善できます。

ただし……睡眠薬を飲んでいる間は
自力で眠れるようにはなりません。
自然な眠りを手に入れるのは、まず睡眠薬をやめてからです。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ