減断薬時に出てくる症状は『病気』ではありませんよ

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

最近、精神薬の離脱症状(禁断症状)で、目の異常を訴えてくる人が重なっています。

 
離脱症状(禁断症状)には本当に色んな症状があります。
 
これ、面白いことに、きちんと自分の身体を観察していれば、段々と「あ、これも離脱症状だな」ってわかってきます。
 
でも、中には、次々出てくる症状を症状と捉えられず、また新たな病気だと騒ぐ人も……。
 
ここ、切り替えられないとダメなんですよね。
 
「自分は病気ではない」とわかって断薬を決意したのなら、薬をやめて出てきた症状が『病気』なわけないんです。
 
断薬で一番大切なのは、本当に『意識』なんです。
 
クライアントさんたちを見ていると、意識の持ち方ひとつで、ずいぶん予後が違うのがわかります。
 
心と身体は繋がっているのですよ。
自分の身体をきちんと信じてあげれば、身体はそれにきちんと応えてくれるのです。