断薬後、ただ時間が過ぎれば不具合は解消される?

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

 

断薬してから、まだ体調が良くならないので、今はただ早く時間が過ぎてくれるのを願っています。

 

先日、そんな言葉を聞きました。

減断薬時の不具合は、時間が過ぎれば、自然と良くなるものでしょうか?

私はそうは思いません。

というのも、断薬後、数ヶ月~数年もの長い間、どうしても不具合が良くならない、まだまた働けない……というご相談を良く受けるのですが、そのかたのお話を良く聞くと、

断薬後に何のケアもしていない

ことがほとんどなのです。

 

私は、自分を早く楽にしたかったので、どんどんケアして行きました。

そしてその間に、自分の中の何が自分を病人にしていたのか、痛い思いもたくさんしたけれど、それでも正面から内観しました。

そして、病んでしまうまでは気づけなかった色々なことに気づき、こういうところを面倒見られれば自分はもっと生きやすくなれるのだということに気づき。

そして離脱症状(禁断症状)がなくなる頃には、随分と生きやすい自分を手に入れることができました。

断薬後も、運動や入浴などでデトックスを意識すること。高栄養を摂ること。

そして、内観をしっかりし、今まで気づかなかった部分をちゃんと見つめるという精神面のケアをし、精神的成長を図る。

それをきちんとして、初めて、断薬後の不具合も解消されて行くのです。

 

断薬後、何年も動けなかったかたが、この手当てをしっかりしたことで、働けるようになりました。

何年経っても、もう精神病院に戻ることなく、薬を必要だと思うこともなく、元気に過ごされています。

 

人の悩みなどは、時間薬が一番心にも身体にも優しいのですが、こと断薬に関しては、時間薬だけでは解決できないものがあると私は、自分の体験をはじめ、多くのクライアントさんを見て実感しています。

 

断薬してからもうしばらく時間が経つのに、どうしても心や身体の不具合から解放されないかたは、一度ご相談くださいね。

意外なところに出口はあるかもしれません。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ