断薬はただ薬をやめればいいってものじゃないんです

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

今日は何件か立て続けいただいたお問い合せが、全て男性でした。

それも偶然に、皆さん、減薬を試みているのだけれどうまく進んでいない……というような感じてのお問い合せでした。

減断薬を進めて行く上で、よく陥りがちなのが、方法論だけを頭に入れてそればかりを追求しようとしてしまうケース。

確かに、薬を減らしていくのは大切なことです。

どうやって減らしていけばいいかという方法を学ぶのは悪いことではありません。

けれど、そこばかり見てしまっていると、大切ものが目に入らなくなり、ただ、減らして行ければいいという考えになってしまいます。

方法論だけで順調に断薬して行けるのなら……

二度と精神薬に戻らない自分を手に入れて、社会復帰して行けるのなら……

方法論はネットにもたくさんあるのですから、私のカウンセリングなんていりませんね^^

ではどうして私のカウンセリングが成り立っているのか?

私はやめることだけが大切だと思っていないからです。

もっと違う側面から薬というものを考えていきます。

薬をやめただけでは、身体に毒を入れるのをやめただけです。

毒を出すことも考えなければいけません。
いわゆる『抜く』ということですね。

それも平行にすすめて行かなければいけませんし、メンタルのケアもとても大切です。

メンタルのケアをして行かず、問題の根本を見ず、ただ方法だけを追い求めていく減断薬では、気づいたらまた薬を飲み始めてしまう可能性もかなり残されています。

せっかく苦しい思いをして断薬して行くのなら、きっぱり卒業しなければダメなんです。

うちで目指すのはただの『断薬』ではなく、薬から卒業できる『卒薬』です。

キッパリ卒業して、社会復帰して、二度と戻らない……
その覚悟で進めて行くには多角的に考えて行かなけれはいけません。

だから、工藤ふみ江のカウンセリンクは有効になのです。

このような考え方でカウンセリングを行っているのは、現在のところ当相談室しかありません。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ