病気を治す……?

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

テレビに出ていた若いカップル。
彼女の方は、ガン闘病中らしい。
その彼女に、彼がプロボーズ。
彼女は涙を流しながらYes。
 
そして彼女のインタビュー
「まずは早く病気を治して……」
 
この言葉を聞いて、
「早く治そうと思うあまり、焦って抗ガン剤とか使いまくらなきゃいいけど」
と思った瞬間ハッとした。
 
そう言えば私も、ど鬱状態に陥ったとき、家族のためにも1日でも早く治さなきゃと、いつもに増して薬を真面目に飲んだ。
いつもなら、気づいたら飲み忘れちゃうのに、あの時は、飲み忘れちゃいけないって、ダイソーで朝昼夜寝る前と分けて入れられる薬のケースを買ってきて、7種類くらいの薬を、間違えずにちゃんと飲めるように管理して、真面目に真面目に飲んだ。
 
あの時、もう少しのんびり構えていられたら、もしかしたら、薬漬けにならずに済んだかもしれない。
 
病気だと言われたときに、治そうと焦るのではなく、上手に共存しながら、徐々に回復させていくことを考えられたら、医者の言うことを疑いもなく聞いてしまい、知らないうちに薬漬けにされてしまうことはないのかも……と、ふと思った。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ