家族カウンセリングと個人カウンセリングの違い

 

断薬相談と家庭問題解決のご相談をお受けしている、カウンセラー・ふーみんこと工藤史惠です。

 

今日は少し、家族カウンセリングについてお話させていただきますね。

当相談室では、個別のカウンセリングと家族カウンセリングをご用意していますが、最近は家族カウンセリングを受けられる方の方が増えています。

それはなぜか……?

家族の理解を得られることによって、断薬成功率がぐーんと上がるからです。

 

以前、親御さんに理解してもらえないから、自分一人で頑張って断薬を試みたいと相談に見えたクライアントさんがいらっしゃいました。

でも、内容を伺うと、やっぱり最後まで一人で頑張り続けるのは難しいなぁ……と判断した私は

「本当に難しかったら無理には勧めないけれど、親御さんに話を聞いてもらえる機会があった方が貴方のためにもいいよねね」

と、できれば家族カウンセリングの方がいいという話をしました。

 

けれど、しばらく経ってからもらった連絡では、やはり親御さんを説得するのは難しいと。

だから自分一人で頑張るからサポートしてくれとのお申し出だったのですが……
それでも私は、それを即断即決してしまったら、絶対にクライアントさんが後悔すると思ったんですね。

で、もう一度クライアントさんと電話でじっくりお話をして……

そしてもう一度だけ親御さんに話を聞いてくれる時間を設けてもらえないかとお願いしてもらったんです。

 

こういう時に家族カウンセリングを受けてもらいたい一番の目的は

親御さんの当事者への理解を求める

ということです。

 

クライアントさん(当事者)が、今、どういう状態なのか。
何を思っているのか。
これから先、どうして行けばいいのか。
当人のやらなければいけないことと、親御さんにやって欲しいこと、考えて欲しいこと。

などを私からお話することで、クライアントさんが断薬したいという気持ちを理解してもらえるか、ご協力いただけるかどうかをお話しに行くのが最大の目的です。

 

そして……

クライアントさんも頑張ってくださりなんとか親御さんからお時間をいただけ、無事家族カウンセリングを実現!

クライアントさんの思いや実情、これからのことへの理解などを一生懸命お話したところ、親御さんはクライアントさんの断薬を快く応援してくださるとになり、クライアントさんは完全社会復帰まで頑張る!と、現在、身体のケアを頑張っているところです。

 

家族カウンセリングは、ご家族全員に精神薬を飲み続けることのマイナス点や、どうして現在のように困った状況になってしまったのか、これからどうすればいいのかを理解していただくことで、本当に大きな成果を生むことができます。

 

全員でカウンセリングを受けていただくことで、それまで微妙だった家族関係が回復されたご家族の例も数多くあります。

 

単独がカウンセリングを受けられる方は、やはり独身の方が多く、ご結婚されているか親御さんと一緒に住まわれている方は家族カウンセリングを受けられるケースが多いですね。

薬害当事者からだけでなく、お子さんの件で親御さんからご相談をいただくケースもどんどん増えています。

 

とにかく、誰がどんな風に問題と向き合えばいいかがわかりやすいくなるのが家族カウンセリングなので、解決率が上がるのでしょうね。

 

ご家族とあいさつするようになった。
会話が増えた。
笑顔が増えた。

というご報告を聞くと、とっても嬉しくなります。

 

精神薬問題は、家庭の中で起きたと言っても過言ではないくらい、家族関係の問題とリンクしています。

今後こそきちんと問題と向き合って、精神薬問題を解決されたいと思っているかたは、是非、家族カウンセリングをご検討くださいね。

ご家族の問題・精神薬に関する問題を一度に解決することができてしまいますよ。

 

現在、15分の無料相談をお受けしてます。
簡単なご相談やお問い合わせは遠慮なくお電話くださいね^^
お電話は予約なしでOKでーす!

このような有益な情報をメルマガでお受け取りいただけます。

メルマガ登録はコチラ

・精神薬をやめたい!
・病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
・薬をやめたけど体調が戻らない!
・社会復帰したい!
・なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みお持ちの方のご相談をお受けしております。

 

~ 15分間無料相談実施中 ~
お気軽にお電話ください。
※お名前をきちんと伺える方限定です
電話 090-8680-3208
※受付時間 10:00~21:00 カウンセリングや移動中などは出られません。
その場合は時間を置いて掛け直してください。

カウンセリングのご案内
メールのお問い合わせはコチラからどうぞ

 

 

Follow me!