精神安定剤(抗不安薬)について

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

精神状態が不安定だったり、眠れない・食べられないだったり、憂鬱な気分が続いてどうにも動けない状態だったりして病院でその状態を訴えると、「精神を安定させる薬」「寝付きが良くなる薬」として、まずは簡単に処方してくれるのが精神安定剤ですよね。

向精神薬の中では一番処方されているかと思います。

今では『抗不安薬』と呼ばれることが増えました。

今の時代、ぐるっと見渡すと10人に数人は飲んでいる人が居るんじゃないかと思うくらい、安定剤を処方してもらっている人は多くなっています。

中には、「肩こりがひどいんです」と病院に行って「筋肉をほぐす薬」として処方されている人も居るので、本人かわかっていない状態で飲んでいることもあります。

薬の名前としては、デパス・メイラックス・ソラナックス・ユーロジンなどが代表的な名前です。もちろんその他にもたくさんの種類があります。

精神安定剤とは、読んで字の如く「精神を安定させる薬」……のはずなのですが、減・断薬した人から色々と面白い話が出てきています。

飲み始めるきっかけは、ひどく落ちた状態を少し上げて、安定させるために処方されるのがほとんどでしょう。

でもこの薬は落ちることを防ぐと同時に、上がることも抑えてしまいます。

つまり、中くらいの一定のところでボーっとさせ、感じ方を鈍くさせる状態を作り出すのです。

たまに病的に躁状態になりますが、そうなると自力で下げることはできません。
ボーっとするので、感情がなくなって来ます。
飲む時間が長くなって来ると、喜怒哀楽が極端に少なくなります。
ただし、柔軟性がなくなるので、簡単にキレやすくなります。
食も睡眠もおかしくなりますが、性欲もなくなります。人間の三大欲求がおかしくなる、なくなるということは、人として壊されるということです。

 

 

私が以前、安定剤を飲んでいた時のこと……。

複数人で遠出をし、皆でとてもキレイな景色を目の前にした時に、私はとても感動して「わぁ~!キレイ!」と周りの人と同じようにキャーキャー騒いでいました(自分では)。

なのに、隣に居た夫に言われたんです。

「つまらないの?」……
私は愕然としました。

「え?こんなに素直に喜びを表現しているのに?」……
意味がわかりませんでした。

が、今になってその時の意味が分かるんです。

私の中では精一杯だったのだけれど、私の感情表現は極端に少なくなってしまっていたのです。

そのくせ安定剤を飲んでいる時の方が、どこまででも落ち込むことができます。

視野が狭くなるので、それしか考えることができなくなり、他のことを考えて気を紛らわしたりすることすらできません。

寝て忘れるなんてこともできません。

精神安定剤を飲んでいた多くの人がこのことを感じています。

「精神安定剤」を飲んでいるはずなのに、「安定」なんていうのは名ばかりで、どんどんおかしな状態になってしまう薬なのです。

 

精神薬をやめたいという人のご相談に乗り、離脱症状を乗り越えるアドバイスをしています。

気になった方は気楽にお問い合わせください。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ

 

 

Follow me!