眠れないことがとても気になっている人へ ~大丈夫。人は自分が思っているより眠っています~

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

こちらのブログはすっかりお久しぶりこになってしまいましたが、どうしても皆さんにお伝えしたいことに気づいたので、急遽記事を書かせていただくことにしました。

 

精神薬を飲んでいる人の中には、「眠れない……」と悩んで睡眠薬を飲んでいる人も多いかと思います。

また、もう睡眠薬はやめたけれど、どうしても眠れないと気にしているかたも多いですよね。

 

眠れないって、誰にとっても大問題なようで、
「眠れないんです」
っていうご相談は跡を絶ちません。

 

眠れないということでどうしても薬をやめられないっていう人も多いですよね。

よく、ネット配信で「○日も眠れない」と言っているのもよく見ます。
長い方は、何ヶ月とか何年とか言う人もいます。

でも、これは私は嘘だと思うんですね。

昔、私が72時間以上眠れなかった経験があるのだけれど、それだけでかなりフラフラになり、微熱が出て身体中が痛く、口の中は血生臭くなり、自分の身体がまるで自分の身体じゃないみたいな状態になりました。

そんな経験をしているので、何ヶ月も全く眠れないなんていうことは絶対になく、そんなことがあったら死んでしまうということがわかっています。

だから皆さんにもそんな話は信じないでいただきたいと思うのだけど……

でも、眠れないということはとてもツラい気持ちになりますよね。
それは、私も不眠を長い間経験していたのでとてもよくわかります。

 

そんな『眠れない』と気になる方に朗報があります!

あ、これは「これで眠れるようになりますよ!」という情報ではないので、それを期待した人はごめんなさいね。

 

そうではないんだけど、最近、『人は自分が思っている以上に眠っているものだ』ということを改めて実感することができたので、それを皆さんにお伝えしたいて皆さんにも実感していただきたいと思ったのです。

 

 

実は私、ここ数年、更年期のせいか、ここしばらくあまり長い時間眠れなくて、夜に何度も目が覚めるんて困っていました。

でも、お昼寝もまとめて取れない。

自分では「最近、本当に眠れていないな」と思っていたんです。

 

私、もう何年も一人で寝ていたのですが、最近、パートナーと一緒に寝ることが増えたんですね。

とは言っても夜ぐっすり寝るときは相変わらず別々に寝ています。
もう若くないので、一緒に寝るよりお互いに心置きなくぐっすり寝ることの方が優先になるからね(笑)

なので、お昼寝程度の時にパートナーが横に居るという状態ですが……。

 

パートナーが昼寝をしているときに、私も横で少し寝ようかななんて思って静かにしいても、私はなんだか頭が忙しくてずっと考え事をしていて結局眠れない……

ずっとそんな状態……と、自分では思っていたんですね。

 

ところがビックリ!

いつもパートナーに「すぐに落ちるな」って笑われるんです。

「いやいや、私は眠ってないよ。ずっと考え事をしていたもん」
って言うんですけど、
「いや、すぐに寝息立てていたから(笑)」
って笑いながら言われるんですね。

何度もそう言われるようになって、よくよく自分でも振り返ってみたらやっと、確かに短時間ではあるけれど深い眠りに落ちているかも……と感じるようになったんです。

この体験で、

「人って、自分では全く眠っていないつもりでも、実は結構寝ているものなんだなぁ」

って自覚したんです。

 

夜中に「眠れないなぁ」と思っても、気づいたら1時間経っていた……なんてことは結構ザラにありますよね?

これ、人は表現するときに
「1時間ごとに時計を見た」
なんて言うのですが、と言うことは、1時間は眠っているんですよ。

1時間経つと目覚めちゃうんだけどね。
また少ししたら1時間寝ているんです。

 

度々目を覚ますから、どうしても「寝ていない」「眠れない」と思い込んでしまって、どんどん自分をツラい状況に追いやってしまうのですが、布団で横になっている限り、自分が思い込んでしまっているよりは確実に眠れているんです。

「布団で横になって目をつむっているだけで眠っているのと同じだけ休息が取れる」

とも言われますが、いや、これ、実は、目をつむっているだけではなくて、本人は起きている感じがするけれど、本当に眠っている可能性があるのではないかと思ってきました。

 

これね。

なんでこんな話しをするかと言うと……

人って「眠れていない」と思うのと、「短時間でも眠れた」と思うのって、起きるときの状態が全然違うんです。

 

「あぁ、今日も眠れなかった」と思うと、なんとなくと目覚めも悪くて、疲れも取れないような気がしますが、「短時間でもぐっすり眠れた」って思うだけで、目覚めはさっぱりします。

それだけで、身体の疲れの取れ方は全然違うし、精神状態も変わります。

 

人は意識だけで、薬が必要になったり不要になったりします。

どうぞ、自分で「私は眠れない」という暗示を掛けずに、「横になって目をつむれているということは眠れているのだ」ということを自分自身で気づいてあげてくださいね。

 

短時間ずつでも眠れているのであれば、何も問題はありません。
そんな状態を心配するより、睡眠薬を飲み続けることの方がずっとずっと問題があります。

 

睡眠薬にどんな問題があるのか……?

そんなこともカウンセリングで教えています。

身体に悪い精神薬のこと……勉強しにいらしてください。

不眠は睡眠薬を飲み続けている間は治りません。
不眠をしっかり治したければ、睡眠薬はやめましょう。

私も10年近く睡眠薬を飲んで寝ていましたが、必ず自力で眠れるようになります。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ

 

 

Follow me!