『死』の壁が越えやすくなってしまう精神薬 ~ 三浦春馬さんの自殺に精神薬が関わっているという話も ~

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

昨日、まだまだ若い俳優さんが首吊り自殺されてしまったというニュースが流れました。

とても魅力的なかただったし、優しそうな人柄も良さそうなかただったし、お仕事も忙しそうだったし……
まさかのニュースに本当に衝撃的でした。

 

私はこういうニュースを聞いた瞬間に
「きっと、精神薬を飲んでいたのではないかな」
と、必ず思うんですね。

そしてこの予想はどうやら当たっていたようです。

三浦春馬さんも、精神科に通っていた、精神薬を飲んでいたという話があるようです。

自殺できてしまったということは……そういうことなんじゃないかと思います。

もし薬を飲んでいなかったら……もしかしたら結果は違うのではないかとも思っています。
とても残念でなりません。

 

自殺って……私も若い頃に試みたことがありますが、そんなに簡単なことではありません。

怖いし苦しいし……
本当に本気で死の壁を乗り越えようと思うには、正気を失っている状態でないとできないのではないかと思うくらいです。

だって……

高いところから飛び降りることを考えてみてください。
普通に足がすくむでしょ?
思い切って「えいっ!」って飛び降りる前に、腰が引けるでしょ?

でもね……
飛び降り自殺の100%が精神薬を飲んでいると言われています。

そのくらい、精神薬を飲んでいると、死の壁を乗り越えてしまうのは簡単なことになってしまうのです。

何故なら、多くの精神薬の副作用に『自殺企図』『自殺念慮』と言って、「自殺したくなっちゃう」というものがあり、薬を飲んでいないときより自殺してしまいたくなってしまう危険性があるのです。

また、精神薬を飲んでいると、危険を感じるリミッターも外れます。

そのため、OD(オーバードーズ)と言って、薬の大量服用なども怖くなくなるし、高いところから飛び降りるのも怖くなくなります。

怖くなくなるどころか、飛べる気になってしまったりして、えいっと楽々飛び降りれるようになってしまうのです。

 

私も過去に、薬を飲んでいるときに大量服用したことがありました。

今では薬を10錠手に出してそれを一気に飲むなんて怖くてできません。
でも、常に薬を飲んでいたときは、20錠・30錠一気に飲むのも怖くないんです。

 

 

精神薬ってそのくらい怖いものです。

うつ状態を楽にしてくれる、眠れるようにしてくれて不眠を治してくれるような気にしてくれるのもほんの一時(いっとき)。

 

うつ状態になったとき……
薬はとても有り難いものと感じるでしょう。

でも長い目で見ると決していいものではありません。

薬さえ飲み続けなければ、例え死にたくなったとしても、ちゃんと生きて乗り越えられます。

もちろんしばらくは苦しいけれど……、それでも大丈夫。
死の壁を自ら越えることなく、ちゃんと乗り越えて行くことができます。

その術を私は知っています。

私も過去……薬を飲んでいるときは娘にまで
「すぐに死にたくなっちゃってたもんね」
と言われる私でした。

そんな私でさえ、「大丈夫。乗り越えられるよ」と言えるようになりました。

簡単に死の壁を乗り越えられてしまう薬は、あなたの本当の助けにはなりません。
自分を助けられるのは、結局、自分しかいないのです。

私がその術を教えます。

思い切って、その手にある薬を手放してみませんか?
うつや不眠は必ず自分で治せます。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ