私は『依存症』は絶対に病気じゃないと思っています

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

芸能人の薬物問題で逮捕劇が報道されると、その次に話に出るのが『依存症』という言葉。

で、テレビでは必ず

「依存症は病気なので、治療を最優先に考えなければいけません」

なんていう台詞。

よく聞きますよね?
こういう言葉をよくメディアで聞くことにより、これが当然だと思い込んでしまいますが、これ、本当なのでしょうか?

私は、依存症は病気ではないと思っています。

 

以前もこんな記事を書いています。
私は確実に精神薬依存症でした。~ 精神薬の断薬には依存から抜け出す努力が不可欠です ~

依存症は病気として扱うから抜け出せない

 

こういうことを言うとまた「アホなことを言っている」って叩かれるかな~^^;

でも、私は自分自身を(元)精神薬依存症だと思っているからこそ、病気ではないと思っているんです。

 

私自身も、そしてクライアントさんたちも、精神薬の薬漬け状態から抜け出した人たちは、強い離脱症状と戦って今があります。

この離脱症状は、違法薬物よりひどいと言われています。
何せ、向精神薬の方が、違法薬物より依存性が強いですからね。
(この記事参照)

私をはじめ、そんな人たちが精神薬を断薬して普通の社会生活に戻れたのは、やっぱり断薬するときに『正しい知識と意識』を身に着けたからだと思うんです。

その『正しい知識と意識』がないままにただ断薬をしても、安易に精神科に戻ってしまう人も多いんですね。

でもその逆に、きちんと『正しい知識と意識』を身に着けて断薬に励んだ人たちは、きちんと自分ととことん向き合い、断薬を果たし、社会復帰しています。

 

私は何度かこのサイトでも書いて来ましたが、私は自分自身を依存症だと思っています。

その証拠に断薬してから数年経っても、心がしんどいとき
「あ、薬を飲んで寝よう」
とか、
「今、薬を飲めたら楽になるのにな」
という思いが頭をよぎり、自分でゾクッとしたことがあります。

そんな思いは、自分が起こそうと思わなくても自然に湧いて出て来るんです。

だって、何年も薬を飲んでフワッとした感覚が、記憶の片隅にはずっと残っているんですから。

 

そんな状態が残っている私が、もしまた自ら病院に足を運んで薬を飲み始めたら……

これを読んでいる皆さんは
「病気だからしょうがない。治療に専念してください」
って思うでしょうか?

思わないですよね?

「偉そうに語っていて、結局、意思が弱くて戻ってるんじゃねーか」
って思うと思います。

私もそう思います。
自分でコントロールできなかったの?と。

 

それとも
「依存を自分でコントロールするなんて無理だろ?」
そう言いたくなりますか?

いえいえ。
依存は、どうしてそうなったかの原因にきちんと気づき、それを自分自身で心の中で解決して自立できれば、自分でコントロールすることができるようになるんです。

 

報道されているような、違法薬物の依存や、その他の依存の方々の治療をテレビで観ていると、みんな
「この依存をどう治したらいいか」
「繰り返さないためにはどうしたらいいか」
しか見ていません。

大切なのはそうじゃないんです。

どうして依存になってしまったのか。
その根本的原因に気づかなきゃいけない。

そこを無視して依存の克服はできない。

そういうこと、わかっているのかなぁ?って思うんですよ。

ダルクに入って経験者たちで毎日話して、「今日もやらなかった、明日もやらなかった」って一日一日『やらない』をテーマに頑張って生きていたって……

そんなことしていたって、一人で自由の身になったらどうやって制御するんですか?

そもそもあなたはどうして何かに依存したくなったの?
「今日もやらなかった。明日もやらなかった」
って日々過ごしていただけで、自分が

何が哀しくて、何がツラくて、何を埋めたくて、何かに依存したか

わかったの?

 

これにちゃんと気づかなきゃ何も解決できないとわかっていたら、

依存症は病気ではない

ということがわかります。

 

もちろん『依存』というものは楽に治せるものではありません。

 

でも依存症を病気だという扱いにして、治療という名の元に精神薬を飲み続けたら、それはただ、精神薬依存を生み出すだけで、何も解決にはならないのです。

 

依存は必ず自分でコントロールできるようになります。

とことん自分と向き合い、根本的な原因に気づき、芯から人生を変えようと覚悟を持って決意できたとき、もう依存するものは、自然と必要なくなって行くのです。

 

メディアの方々は、逮捕された有名人たちにも、
「依存症なんて病気でも何でもないんだから、とっとと気づいて、とっとと社会復帰しろ!」
と言ってあげた方がどれだけ優しいか。

『依存症は病気だ』などと訳も分からず甘やかすようなことを言って、安易に病人に仕立て上げ、精神薬漬けにする方がよっぽど罪深いと思いますよ。

 

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ