「抗不安薬や睡眠薬をやめようとすると具合が悪くなるんです」と言われたらどうしますか?

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

カウンセリングや施術などをしていると、多くの向精神薬を飲んでいる人と接する機会があります。

私も、断薬の相談をお受けする前からクライアントさんに、心療内科に通われていたり、精神薬を飲んでいる人がたくさんいらっしゃいました。

 

私が離婚問題を中心にやっている頃より、今の方がうんと精神科・心療内科のハードルが低くなっているので、薬を飲んでいる人はどんどん増えていますよね。

飲んでいる人も増えていますが、ネットで『薬はよくない』というのを見て、自分でやめようとする人も増えました。

それはとてもいいことなのですが、人間ってね。
文章を読むんで得る情報は、自分の都合のいいところしか読み拾わないことも多いんです。

で、簡単にサラッと読んで断薬をしようとしてみる。
すると、すぐに具合が悪くなってどうしようもなくなってしまう……なんていう人も少なくはないんですね。

そういう方から
「薬をやめようと具合が悪くなってしまうのですが、どうしたらいいですか?」
と聞かれたら、カウンセラーや施術家の皆さんはどう答えますか?

 

 

自分は素人だから答えられないと思いますか?

いえいえそんなことはありません。

確かに、正しい知識がないと何とも答えられないと思います。
でも、医師や薬剤師でなくても、知識を持てば答えることは可能なんです。

 

間違っても
「それは病気が悪化したのだから、きちんと薬を飲んでくださいね」
とか
「医師に相談してください」
なんて言おうと思わないでくださいね!

薬をやめようとして起きている不具合は病気の悪化でも何でもありません。
薬の離脱症状(禁断症状)です。

その離脱症状(禁断症状)は、身体が薬を飲んでいなかった状態に戻ろうと頑張っている証です。
ということは、正常に働いている証なんです。

せっかく身体が頑張っているのに……。
そして本人も薬をやめようと思って頑張り出したのに、第三者が無責任に精神医学の世界に戻さないでくだいね。

 

精神医学・精神薬などの『正しい知識と意識』を学んで、正しい知識と意識を伝えてくださる方がどんどん増えて欲しいと願って、私は今、勉強会を開催しています。

 

全国各地……

東京・福岡・名古屋・大阪でセミナーを開催します。

 

《日程&会場》 
10月7日(東京)
10月9日(東京)
10月14日(福岡)
10月16日(東京)
10月22日(大阪)
10月26日(名古屋)
10月28日(東京)

http://sotuyaku.com/lp/seminar/

 

ぜひ、多くのかたにご参加いただき、もっともっと精神薬・精神医学の真実を広めてくださるかたに増えていただきたいと思っています。