メジャートランキライザー(統合失調症の薬)はとても怖い

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

断薬についてのご相談をお受けし始めてから、早いものでもう5年が経ちます。

以前、離婚や家庭問題のみのカウンセラーをしていたときも感じていたのですが、年数・経験を積んで行くと、試されているのか?と思うくらい「これでもか」というように、どんどん難題にぶつかります。

最近のご相談は、ベンゾジアゼピン系のお薬のご相談より、メジャートランキライザー(統合失調症の薬)のご相談を多く受けています。

このお薬の場合、「断薬したいんです」という相談はほとんどなく、断薬されてから様子がおかしくなってのご相談ばかりなんです。

 

なぜか……?

ご自身で断薬されて、とても調子が悪くなり……。
中には正気を失ってしまうくらい様子が変わってしまい、どうしようもなくなり、措置入院・保護入院などになってご連絡をいただくケースもあります。

もちろん、当人が入院されてしまっていたら、当人とお話することはできませんが、それでもご家族に、当人に何が起きているのか、理解していただくことはできます。

帰ってきたときに家庭でできるケアについてお話することができます。

すぐに断薬せずとも、身体のケア・心のケアをしていくことはとても大切なことです。
その方法を間違って、余計に大変な状態になってしまっているご家庭も少なくありません。

 

どういう心構えでお子さんと向き合うえばいいのか……。

そんなことを、特に出張でお話してくるケースもとても増えています。

 

『統合失調症は治らない』とか『メジャーの薬だって心配ない』などの情報を見ることがありますが、そのどちらも嘘の情報です。

統合失調症と呼ばれたかたでも、薬が全くいらなくなったかたがたくさんいらっしゃるのも事実です。

でも、メジャーの薬はベンゾ系などに比べたら、やはり怖い薬だと私は感じています。
脳への働きが明らかに強いんです。

だから、精神薬の危険性に気づいたかたは、一日も早くそこから抜け出そうって思ってもらいたい。
いや、本当は薬を飲み続けて欲しくないんです。

統合失調症のような症状が出るのも、その症状が出なければならない理由があります。
その理由がちゃんと分かれば、薬なんて必要ないんです。

うつから始まって、薬を飲み続けて統合失調症に移行した人も少なくありません。
これはそのかたの病気が変わったんじゃない。
薬によって変えられているんです。

 

健康に気遣う人が身体のケアをするように、心もケアしてあげなければいけないんです。

その方法を私は伝授しています。
思考の変え方、自分の苦しみへの理解、そして食べ物などで身体と心をケアする方法。

家庭でケアできる方法を伝授しています。
心構えが変われば必ず状況は変わります。

全国どこへでも飛んでいます。
何かご心配のあるかたは、遠慮なくお問い合わせください。

 

 

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ