お子さんの精神薬のことで悩んでいる親御さんへ

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

当相談室では、親御さんからのご相談も多く承っております。

お子さんが精神薬を飲んでいることで悩んでいる親御さん。
お子さんが精神薬を断薬して具合が悪くなって悩んでいる親御さん。

色々な親御さんがいらっしゃいます。

どの親御さんだって必死ですよね。

自分の子どもに何が起こっているかわからない……。
そんな状態のかたが多いのですから。

ただ、本人が断薬したいという気持ちがないのに、親御さんが
「どうしても断薬させたい」
と申し込まれても、ご相談をお受けできない場合もあります。

というのは、ご当人がその意思がないのに、親だけ頑張ったって何も意味がないからです。

でも中には、
「当人はまだそこまで考えられないけれど、親が先に勉強したい」
とご相談くださる場合がございます。

その場合は、全力で伝えさせていただきます。

正直、当事者は、親御さんの理解があるだけで、とても生きやすくなるのです。

今まで親御さんに理解されないと思って頑張りすぎて来た面もあるお子さんが多いので、少しずつ親御さんが理解してくれるというだけで、家庭の温かさが変わり、お子さんが変わることも大いにあるのです。

なので、親御さんが精神科や精神薬のことを学んでくださるのも、とっても大きな意味があるのですよ。

また、親御さんが『自分の問題』をクリアにする。
これもまた大いに家庭問題の解決になります。

子どもに問題があるのは、親に問題があるのです。

「悪い親だ」って言っているのではありませんよ。
親御さんもそれだけ自分の問題でも苦しんでいるのだということです。

親御さんがずっと抱えてきた心の中の問題を解決するだけで、家庭問題が解決して行かれるケースも多く見ました。

自分の問題を解決するってそのくらい大切なことなのです。

親御さんの気持ちは必ず子どもに伝わります。

子どもを変えたかったら、まず親から変わることです。

「相手を変えたかったら自分が変わる」
これは嘘ではありません。

自分が変わらずに相手に「変われ、変われ」と言っても、絶対に変わることはないんです。

お子さん不在のカウンセリングは、お子さんの気持ちを想像するしかないので、ご当人がいらっしゃるのとは大きな違いがあります。

けれど、親御さんに精神科や薬の知識を入れていただくことは決して無駄ではありません。

そこから解決して行くこともたくさんあるのです。

うちの相談室では、親御さんが先に精神薬の危険性に気づいて、お子さんにたくさんの情報を与え、お子さんが断薬されたケースも多くあります。

「子どもがその気にならないから……」
ではなく、親御さんがどのような意識を持たれるかで、子どもは大きく変わるんです。

私も親です。

子どものことを考えて悩む気持ちはとてもよくわかります。

子どもをきちんと自立させないと、死んでも死にきれない……

私はそう思います。

子どもがある程度の年齢になったら
「明日、自分が死んでもこの子は強く生きて行けるな」
と思える子育てをしなければいけません。

それが親の最大の仕事なのです。
転ばぬ先の杖になること、怪我せぬようにすることが親の仕事ではないんですよ。

お子さんの薬のことはお子さんの問題……ではありません。

それは大いに家庭の問題なのです。

薬漬けになってしまっている当事者はもちろんですが、親御さんのことも全力で応援します。

何の心残りもなく安心して死ねるよう、子どもの自立を目指しましょう。

   
 

ご予約・お問い合わせはこちらの携帯へ……090-8680-3208
電話受付時間:9時~21時
※電話に出られないときは、留守番電話にメッセージを残してください。
※この電話番号は相談専用電話です。セールスの電話は固くお断りいたします。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

 

 

このような内容のお役立ちメルマガを発行しています。登録してね♪

*お名前(姓)     
*メールアドレス  

 

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------

役に立ったと思う人はぜひポチッとをお願いしますm(_ _)m
    

-------------------------------

 

-------------------------------

 

Follow me!