絶対に子どもに精神薬を飲ませないで

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

 

先日、こんなチラシがポストに入っていました。

 

これは、『子どもにもうつがある』ということで、子ども用の抗うつ剤の治験案内のチラシです。

確かに子どもにもうつ状態はあります。
だって人間なんだもの。
落ち込むことはあります。

でもね。よく考えてみて。

このチラシにある言葉……

『引きこもりがち』
『元気がない』
『怒りっぽくなった』
『自信をなくして落ち込んでいる』
『ふさぎこんでいる』
『最近笑顔を見ていない』

これが病気……?

こんなこと、普通にある状態でしょ?

 

なんで、この子に「何があったのか」を考えようとしないで、病人扱いしなければいけないの?

この子は、友だちと何かあったのかもしれない。
テストの成績が思うように上がらなくて、勉強が嫌になったのもしれない。
学校で、いやなことを無理やり押し付けられているかもしれない。
(私は昔、給食で食べられないものを無理に食べろと言われて、それが原因でいじめにあって、こんな状態になったものだわw)

昔の子どもだってこんな状態になることはあった。
でも、その度に薬なんて飲んで来なかったでしょ?

 

時代が変わっても精神状態は同じなんです。

昔の子どもに必要なかった薬は、今の子どもも必要じゃない。

ここに時代の変化は関係ないんだよ。

 

このチラシ、よーく見てください。
このチラシを作っているのは、製薬会社。

そう。この手の広告を作るのは大体が製薬会社。

なんでかって?
もちろん薬を売りたいからです。

小林製薬のCMがとってもわかりやすい例なのだけれど、
製薬会社はいかに新しい病名を作って、
いかに引っかかる人を増やそうかを考えている。
ということを、ぜひ知ってほしいと思います。

精神薬は本当に恐ろしい薬です。

脳に直接働きかけるので、大人になってから飲み始めても、脳にダメージを受けます。
それが成長期である子どもに飲ませて、後々、問題が起きないはずがありません。

 

うちに相談のあったケースでは、たくさんの親御さんが、子どもが小さいうちに発達障害と言われ、コンサータ等の精神薬を飲ませ、数年後、薬の影響からもっと具合が悪くなり、断薬させようとしてももっともっと状況が悪くなり……と、ご家族がとても大変な思いをしているケースをたくさん見ています。

親御さんは考えて欲しい。

自分が飲んだことのない薬を……
どんな風になるかわからない化学物質を、どうして医者に言われたからと言って安易に飲ませることができるのですか?

子どもに出された薬、一度、自分で飲んでみてください。
それで「この薬を飲むと性格が変わる。これはおかしい」と、即座にやめさせたお母さんがいます。

そういう風に気づけたら、子どもをむやみに薬漬けにすることはありません。

子どもに飲ませるもの、親が飲めないはずがない。
「自分は病気じゃなくて、子どもは病気なのだから」
と思い込んでしまっても、一錠くらい飲んだからと言って死んでしまうようなそんな恐ろしい薬はありません。

だったら、自分が飲んでどんな感じになるか試してみてください。

そのくらいの覚悟をもって病院に連れて行き、子どもの薬を管理してください。

私は医者や行政の言うことばかりを聞いて、子どもの声を聞こうとせず、子どもに安易に薬を飲ませ続けて、今、大変なことになっているご家族をいくつも見ています。

安易に病院に駆け込み、安易に医療に頼り、安易に薬を信じる前に、もっともっとやらなければいけないことがあります。

あなたの子どもはどうしてそんな風に落ち込んでいるのですか?

大人でも
心の病を発症するきっかけは必ずあります。
必ずなる理由があるのです。

子どももそれは同じです。

まずは、お子さんがどうしてそうなったのかをよく考えてください。
よく話を聞いてあげてください。

それだけで治ってしまうことだって多々あるのですからね。

 

お子さんの薬害について、お子さんの精神科通いについて
お子さんの心の病についての相談にも乗っています。

お子さんの件はできるだけ早く解決するのが大切です。
是非、ご相談ください。

 

 

 

~地方相談会のご案内~

※2019年4月26日(金) 福岡~岡山の間どこでも
午前中開始(場所により開始時間は相談)

福岡~岡山の間でしたらご都合のいい場所に伺います。
(ただし、新幹線駅からほど近い場所になります)
2時間のもしくは4時間(断薬セッション&カウンセリング)のカウンセリングをお申込みいただけます。
時間等は要相談。15日は2時間のみの受付となります。

※2019年5月12日(日) 午前中 名古屋近辺にて

2時間のもしくは4時間(断薬セッション&カウンセリング)のカウンセリングをお申込みいただけます。

※交通費のご負担は必要ありません!
(通常は交通費のご負担が必要になります)


★お受けいただけるご相談(※全て各2時間です)
 ・断薬セッション(精神薬・心の病に関する基礎知識)
 ・その他断薬に関するご相談
 ・家庭問題(離婚問題・親子問題)
 ・『楽イキ!』生きづらいなぁということの原因と、どう対処して行けばいいのかがわかるカウンセリング
  (楽イキ!の場合は1時間のLightコースでもOKです)
  楽イキ!のご案内はコチラ
 ・自営業の方などがこれから先どう進めて行けばいいかのコンサルティング的なご相談
 ・Web構築やネット通販など、ネットを使ってどのように展開していけばいいかのご相談

 などがお受けできます。その他、人生相談的なものでもOK。

 ご相談はどのご相談でも2時間で24000円。
 交通費等のご負担は必要ありません。

 何か人に相談したいということがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。
 お問い合わせはコチラお電話 で!

 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちらの携帯へ……090-8680-3208
電話受付時間:9時~21時
※電話に出られないときは、留守番電話にメッセージを残してください。
※この電話番号は相談専用電話です。セールスの電話は固くお断りいたします。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

 

 

このような内容のお役立ちメルマガを発行しています。登録してね♪

*お名前(姓)     
*メールアドレス  

 

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------

役に立ったと思う人はぜひポチッとをお願いしますm(_ _)m
    

 

 

 

 

Follow me!