自己判断の断薬は危険です

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

「向精神薬は危険!」と学ぶと、独自の判断で断薬を志してしまうかたがいらっしゃいます。

少し勉強すればすぐにわかることなのですが、一度に薬をやめてしまうのは、命に関わるほど危険な行為です。

減断薬を手掛けるときは、必ずきちんと勉強してくださいね!

向精神薬の断薬は、少しずつ少しずつ様子を見ながらしなければなりません。

多剤処方されている人は、まずは単剤を目指す。
単剤の人は、ハサミで切ったりカッターで削ったりして、少しずつ少なくして行く。

少し減らしてみて、ひどい症状がでなければ先に進みます。

最後、ゼロにするときは特に慎重にしなければいけません。

私は、薬を減らしたい一心で、
「少しツラい症状が出ていても、どうせそんなに変わらないから、減らしてしまえ!」
と、どんどん減らして行き、Tokyo DD Clinic院長の内海先生によく叱られていました^^;

最後も、先生の「慎重にしなさいよ」という心配をよそに、「えーい!」とやめてしまいました^^;

なので、どんどん進めたいかたの気持ちもよくわかるのですが、私の場合はたまたまそれで良かったのですが、急激に悪くなってしまうかたも実際にいましたので、減らして行くときは慎重に行きましょうね。

日本で発売されている数少ない断薬マニュアルをご紹介します。

内海先生が書かれている『心の病に薬はいらない』という本です。

この書籍には、減薬中に摂った方がいい栄養素の一覧などもあり、減薬中の人は、手元に置いておくと、とても安心できる一冊となっています。

実はこの本……。

私が減薬している時にはまだ発売されていなかったんです。
断薬直前に発売されたの。

その分、私は知識をネットから拾うしかありませんでした。

離脱(禁断)症状が出ていて、相当具合が悪くなったときの勉強って、そりゃツラいですよ……(´・ω・`)

なので、今から減断薬される人の方が、この一冊があるだけでも恵まれていますよ^^

とは言っても、薬を飲んでいるかたも、やめようと思っているかたも、本を読んだり文章を理解したりするのは困難なかたも結構いらっしゃいますよね。

そんな方は、お願いできるのであれば、ご家族とか周囲のかたに代読してもらえるよう頼んでみてくださいね。

そうすれば、ご家族も一緒に学べるので一石二鳥ですね♪

 

 

 

~地方相談会のご案内~
通常の出張相談は交通費が掛かりますが、ここにあるご案内は交通費のご負担は必要ありません!
 

 

※2019年6月22日(土) 午後 香川にて
※お昼すぎ頃高松周辺に入ります。

2時間コースか4時間コース(断薬セッション&カウンセリング)をお選びいただけます。

 

★お受けいただけるご相談(※全て各2時間です)

 ・断薬セッション(精神薬・心の病に関する基礎知識)
 ・その他断薬に関するご相談
 ・家庭問題(離婚問題・親子問題)
 ・『楽イキ!』生きづらいなぁということの原因と、どう対処して行けばいいのかがわかるカウンセリング
  (楽イキ!の場合は1時間のLightコースでもOKです)
  楽イキ!のご案内はコチラ
 ・自営業の方などがこれから先どう進めて行けばいいかのコンサルティング的なご相談
 ・Web構築やネット通販など、ネットを使ってどのように展開していけばいいかのご相談

 などがお受けできます。その他、人生相談的なものでもOK。

 ご相談はどのご相談でも2時間で24000円。
 交通費等のご負担は必要ありません。

 何か人に相談したいということがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。
 お問い合わせはコチラお電話 で!

 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちらの携帯へ……090-8680-3208
電話受付時間:9時~21時
※電話に出られないときは、留守番電話にメッセージを残してください。
※この電話番号は相談専用電話です。セールスの電話は固くお断りいたします。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

 

 

このような内容のお役立ちメルマガを発行しています。登録してね♪

*お名前(姓)     
*メールアドレス  

 

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------

役に立ったと思う人はぜひポチッとをお願いしますm(_ _)m
    

 

 

 

 

Follow me!