減薬期の記録(2013年3月11日)

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

3年前の2013年3月11日、Facebookに私が書いた記事が上がってきました。
このときは減薬期。
まだまだ具合が悪くて大変なときでした。

――――――――引用ここから――――――――

a9cbd6dfea327d3a86d1676734635bac_s日替わり定食並の私の体調。
家族には本当に数え切れない迷惑を掛けてしまっています。

今日も午後から急に悪化し、今もパソコンには向かえません。

仕事が思うようにできない苛立ち。
前は出来た事が出来なくなってしまった苛立ち。
家族に迷惑を掛けている自分への苛立ち。

私がこぼした一言で、夫が黙ったと思った次の瞬間……

久しぶりに夫の涙を見ました。

日々頑張ってくれている夫ですが、普段は忙しさに任せて忘れていたちょっとした厳しい現実を、私の一言で改めて気づかせてしまったようです。

本当は私がどうにかしなければいけない現実。
頑張るしかない現実。
でも、頑張りきれない現実。

身体が動けないと心も止まる。

1分でも1秒でも早く健康に戻って頑張ろう。
頑張って生きるしかないのだから。

うん、頑張っていればきっとどうにかなるよね。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ