「精神薬をやめたいのだけどなかなかやめられません」は、どうしてなんだろう?

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

「精神薬をやめたいのだけど、なかなかやめられません」というご相談を多くいただきます。
 
「なんでやめられないのか?」を考えてみましょう。
『薬を減らすと具合悪くなるから』ですよね。
 
なんで、具合が悪くなるのでしょうか。
 
ここで「やっぱり薬が減ると病気が悪化する」と思ってしまった人は、この前段階の『心の病とは何ぞや?』に戻って考える必要がありますが、この話はまた別記事で。
 
体調悪化の本当の原因は『薬が減ったから』ですよね。
 
薬が減るとなんで具合が悪くなるのでしょうか?
『身体的依存しているから』ですよね。

 
医師は「この薬に依存性はない」って言っていたって?

 


 
そんなの嘘ですよ。
現に、薬減らせば具合悪くなっちゃうんでしょ?
それは依存しているということなんです。
 
離脱症状(禁断症状)は怖いですよね。
 
薬減らすと具合が悪くなっちゃうんだもん。
やめたくたって、減らせないって思いますよね。 
 
でも……だったら一生飲み続けるしか選択肢はないんですよ?
 
もしそれで「だったら仕方ない」と思うのであれば、「やめたいけど」なんて思わずに、「私は一生薬を飲み続けるんだ」ときちんと選択して飲み続けましょう。
 
その方が幸せです。
 
だだ、自分の選択には責任を持ちましょうね。
後で「薬のせいで、やっぱり動けなくなったじゃないか」っていうのはナシという覚悟が必要です。
 
いつまでも周囲のせいにしていては、いつまでも不幸ですからね。
 
逆に、本当にやめたいと思うのであれば、離脱症状(禁断症状)を覚悟して、断薬と向き合いましょう。
 
離脱症状(禁断症状)というのは、身体が薬のない自分に戻るために頑張って闘ってくれている証です。
 
身体が頑張ってくれているのだから、自分も頑張りましょうよ。
 
自分の身体を信じて、長年、自分に毒を盛り続けてしまったことを反省しながら、身体に優しいことをしてあげれば、必ず身体は応えてくれます。
 
多くの人が、禁断症状を乗り越えています。
私も心臓止まると思ったところまで行きましたが、乗り越えて今があります。
 
本当にやめたいのか、やめたくないのか……
よく考えましょう。
 
本当にやめたかったら、絶対にやめられるはずです。

一人で大変だったらいつでも相談にいらしてくださいね。
うちのカウンセリングに相談にいらしてくださった人は、どんどん復活していらっしゃいまよす^^

~地方相談会のご案内~
通常の出張相談は交通費が掛かりますが、ここにあるご案内は交通費のご負担は必要ありません!
 

※2019年12月1日(日) 名古屋……午前中
2時間コースのみ

★お受けいただけるご相談(※全て各2時間です)

 ・断薬セッション(精神薬・心の病に関する基礎知識)
 ・その他断薬に関するご相談
 ・家庭問題(離婚問題・親子問題)
 ・深層(真相)心理診断
  あなたの何があなたを苦しめているのか、深層心理と真相を診断します。  ・自営業の方などがこれから先どう進めて行けばいいかのコンサルティング的なご相談
 ・Web構築やネット通販など、ネットを使ってどのように展開していけばいいかのご相談

 などがお受けできます。その他、人生相談的なものでもOK。

ご相談はどのご相談でも2時間で44000円。
このほか、何か人に相談したいということがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせはコチラお電話 で!