眠れない人はまず「眠れない・眠れない」と自分を洗脳しないことが大切

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

「眠れないんです」
って、多くの人からご相談いただきましたが、未だ、私ほど眠れない人に会ったことがなく……(笑)
 
一日、数時間でも横になって眼をつむっていられれば、眠っているのと同じだけの効果があると言われています。
 
眠れないことにフォーカスしないで、少しでも休めていることにフォーカスしてくださいね。
 
私は布団で横になることすら罪悪感を感じていました。
 
何か強迫観念があって、自分で「横になってはいけない」「休んではいけない」と呪文をかけていたような感じでした。


 
過去の私のように70時間とか、眠るどころか横にもなれないと、自分の身体じゃないような違和感を覚えて来ます。
 
私のようになってしまって、身体がおかしくなってしまったら、短期間、薬で身体を無理やり休ませる必要性も出てきますが、だからといって、そこから何年も薬で眠るのは異常な話なのですよ。
 
自力で眠るって、薬で寝ているのとは全く違う爽快感があります。
 
眠ることってこんなに気持ちよかったんだって、薬がなくなって初めて思い出せます。
 
私のような異常な不眠でも、ちゃんと自力で眠れるようになります。
 
とにかくまずは「眠れない・眠れない」と自分に呪文をかけるのからやめましょう。
 
意外に、自分が一番、自分を洗脳しています。
そこに気づいてくださいね。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ