無事退院してカウンセリングも復帰しました。

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

 

皆さん、ご無沙汰しております。
前回の記事では驚かせてしまいました。

メルマガ・ブログ読者の方々にも、何人か心配のご連絡をいただきありがとうございました。

6月29日(金)に無事退院し、現在は自宅療養中ですが、カウンセリングは既に復帰しております。

工藤、退院の時の図です。

 

今回の肺炎&喘息併発という病気は……

結局のところ、疲れやストレスが溜まっていたことが一番の原因だったと思います。
そのために免疫力が落ちていたんですね。
それと、出張だったため悪化させてしまったということが重なってのことだとは思っています。

けれど、前回の記事にも書いた通り、私の頭の中には一瞬「薬を飲んでいたから……?」ということが頭をよぎったのは否定できません。

これって、薬を長年飲み続けていなければ思わなくて済んだ思いです。

せめて、もう少し飲んでいる時期が短かったら、こんな風に呼吸が浅いなんていう後遺症を気にすることなんてなくて良かったかもれしません。

 

もちろん無事に退院できたということは、肺炎&喘息の影響で空気が入りづらくなってしまった状況は回復しています。
今は普通に呼吸ができています。

でも、今後はずっと気にかけて行かなきゃいけないんです。

 

それは私が長年薬を飲み続けていたせいです。

薬を飲み続けていなければ、単純に、小児喘息から引っ張ってきた体質だけを考えれば良かったのですから、精神的にはずいぶん違います。

だからね……。
やっぱり伝え続けていきたいんです。

薬はよくないよ。早くやめた方がいいよ……と。

そうしたら、抱えてしまう後遺症も少なくて済むんです。
薬はよくないということに気づき、早くやめればやめるほど、体調の戻りも早いのは確かです。

 

私自身が長年薬を飲み続けて、後悔していることがたくさんあります。

クライアントさんに、「後悔は意味のないことだから、反省はしなくちゃならないけれど後悔はするな」と話していますが、それでも私自身も、なんであんなに飲み続けてしまっていたのかな、なんで何年も無駄にしてしまったんだろう……と後悔してしまうこともあるんです。

ほとんどが反省に切り替えていますけれどね。

 

私と同じような思いをする人が一人でも減ってくれるよう、断薬したいと思ってくれる人が一人でも増えてくれればいいなぁって本当に思っています。

どんな思いを抱えても、断薬した方が絶対にいい。
私は断薬して何の後悔もしていませんよ。

だって、薬を飲んでいた頃は、飛行機や新幹線に乗って遠くに行くなんて思いもしなかったもん。
それが今では迷いもなく行くことができるようになったんですからね^^

 

7月のカウンセリングは入院中のしわ寄せもあり、結構混んでいます。
ご希望のかたは是非お早めにご予約ください。

断薬後の体調不良に悩んでいる人が、どんどん身体が楽になって来たというご連絡をいただいています。

皆さんも、1日も早く本当の健康な心と身体を取り戻してくださいね。

少しの勇気を持てば、誰でも薬のない世界に戻ることはできるのですからね。
大丈夫。あなたは本当は病気ではなかったんですから。

 

ご連絡、お待ちしていますね。

 

 

 

   
 

ご予約・お問い合わせはこちらの携帯へ……090-8680-3208
電話受付時間:9時~21時
※電話に出られないときは、留守番電話にメッセージを残してください。
※この電話番号は相談専用電話です。セールスの電話は固くお断りいたします。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

 

 

このような内容のお役立ちメルマガを発行しています。登録してね♪

*お名前(姓)     
*メールアドレス  

 

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------

役に立ったと思う人はぜひポチッとをお願いしますm(_ _)m
    

-------------------------------

 

-------------------------------

 

Follow me!