精神薬を飲んでいる、もしくは減断薬中のかたは夏の暑さに弱いのは仕方ありません。

 

断薬カウンセリングと家庭問題解決のカウンセラーの工藤史惠(惠は旧字♪)です

 

精神薬を飲んでいる方、減断薬している方々から「夏の暑さがツラい」というご連絡を多数頂いています。
 
うん、そうなんです。
 
それじゃなくても薬を飲んでいる人は体力が落ちているし、汗もなかなかかけずに、体温調節がうまく行かない人も多数います。


 
また暑さに弱いだけでなく、脱水を起こしやすい状態にもあるようです。
私もそうでした。
私は断薬した年は、冬でも脱水を起こしていたくらいですから^^;
 
梅雨明けもして、これから暑い日が続きます。
 
精神薬を飲んでいる方で具合の悪い方も、自分の飲んでいる薬がそのような影響を及ぼしていること、頭の片隅に置いてくださいね。
 
精神薬は体力をどんどん奪います。
私は、目の前にあるスーパーはもちろん、マンションのポストに郵便物を取りに行く事すらできなくなりました。
 
そんな私が、普通に日常生活を送れる様にまで回復したのは、間違いなく、薬をやめたからです。
薬が治してくれたのではありません。
 
減断薬している方々は、「断薬してしまうまでは、体力がなくて具合悪くても仕方ない」と思えることが大切です。
 
断薬しちゃえば、ちゃんと自分の努力次第でプラスに持って行けますから^^
 
今は焦らず、「今年の夏は仕方ない!」と割り切り、断薬することに専念しちゃいましょうね!
それが体調回復の一番の近道です。

精神薬をやめたい!
病院や薬に頼らず健康的に暮らしたい!
薬をやめたけど体調が戻らない!
社会復帰したい!
なんで苦しいのかわからない!

そんなお悩みを伺い、適切なアドバイスをいたします。

基本的には『最初は会わせてください』とお願いしておりましたが、コロナ騒動の現在、ZOOMやSkypeなどのオンライン相談もお受けしています。

カウンセリングのご案内はコチラ

詳しくはお問い合わせください。
電話 090-8680-3208
メールのお問い合わせはコチラ