こんにちは。
『精神薬を断薬し、キッパリ卒業して二度と戻らない!』を目標とする断薬カウンセリングと 家庭問題のご相談を受けています、カウンセラーの工藤ふみ江です

2年前の3月11日に書いた記事が上がってきました。
この頃は断薬して10ヶ月経っています。

私のカウンセリングを受けてくださっているクライアントさんたちは、どんどん『自分は病気ではなかった』ということに、気づかれて行っています。

 

————————————-

16448a915bf503a37f6879d3a9c8cc09_s「薬」ってさ、本来は『病気を治すため』に飲むんだよね?
みなさんも、治すために薬を飲んでいるんだよね?

で、長い長い間、
抗鬱薬や安定剤・睡眠薬などの向精神薬を飲んでいる人……

「アナタノ ビョウキハ ナオリマシタカ?」

どうして、何年も何年も、治らないのに飲んでいるの?
どうして、何年も何年も、治してくれない病院に通っているの?

そもそも貴方は本当に「病気」なの?

貴方のうつは本当に「状態」じゃなくて「病気」なの?
貴方のパニックは本当に「起きてしまう状態」ではなくて「病気」なの?
貴方の不眠は本当に「眠れないだけ」ではなくて「病気」なの?

私は長年「病気」だって言われて来た。だから薬を飲み続けなきゃダメだって言われて来た。
でも、早く治したくてまじめに薬を飲み続けたら、どんどんどんどんできないことが増えて、どんどん具合が悪くなって、しまいには普通に歩けなくなった。
なんとなく、本能的に「これは薬のせいだ」って思った。でも確かなことはわからないから、私は本当に病気なのかどうか、一度、全ての薬をやめてみて、自分の身体を見直してみたいと思った。
薬を全く飲まない状態になって、それでも本当に病気なら、また改めて考えなおそうと思って薬をやめた。

でも、私は、病気でもなんでもなかったよ。

薬をやめてみたら、前より動けるようになったよ。
薬をやめてみたら、悩まなくなったよ。
薬をやめてみたら、表情が豊かになったよ。
薬をやめてみたら、明るくなったって言われるようになったよ。
薬をやめてみたら、楽しいと思えることが増えたよ。

私は気づくのが遅かったから、治らない後遺症も持ってしまったけれど、でも、病院に通っていた頃より、薬を飲んでいた頃より、ずっとずっと人間らしくなったよ。

-------------------------------

↑のバナークリックで電話を掛けることができます。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

 

-------------------------------


断薬に関するメルマガを発行しています。
興味のあるかたは是非、メルマガに登録してくださいね♪
メルマガ登録

-------------------------------

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------