こんにちは。
『精神薬を断薬し、キッパリ卒業して二度と戻らない!』を目標とする断薬カウンセリングと 家庭問題のご相談を受けています、カウンセラーの工藤ふみ江です

私は向精神薬を断薬して、ちょうど3年が経ちました。

断薬直後から、私と同じような思いをする人のお役に立ちたいと、講演会でお話する機会をいただいたり、断薬カウンセリングを行うようになりました。

当初、講演会などでお話する内容は、精神薬の怖さ、副作用はどんなものがあるのか、後遺症のツラさなど、「薬に近づかないで!」という啓蒙と、体験談をお話をすることが主でした。

けれど、3年経った今……

徐々に、皆さんにお伝えしたいことが変わり、カウンセリングの内容も少しずつではありますが、変わってきていることに気づいたのです。

今、私が一番大きなテーマにして、クライアントさんにもお話させていただいているのが、

『依存からの脱出』

です。

やっと……

このカウンセリングが出来上がりました。

薬の危険性に気づき、断薬したいと思い始めた方でも、自分が依存症だと認めるのって、拒否感が強いんですね。

私もそうでした。

自分が依存症って……イヤですよね。

違法なドラッグをしているわけじゃないのに、何でそんな風に言われなきゃならないの!って思いますよね。

 

けれど、離脱(禁断)症状がどうしてこんなに出るのか、どうして薬をなかなかやめられないのか、どうして何年も病院に通い続けるのか……

冷静に考えてみれば、自分が肉体的のみならず、精神的にも依存症になっているのは明らかなんです。

ここに気づかないと、本当の意味で断薬はできないんです。

そして、依存症というのは、何も薬だけのことを言っているのではありません。

薬を飲み続けて来たかたはみな、依存体質です。
(強く否定したがる方もいますが、それはまだ認められていない方です)

自分の根本の依存体質に気づき、受け入れて行けないと、ずーっと依存体質から抜け出せず、一度薬をやめてみても、何かあるとあっさり戻ってしまうのです。

断薬を目指すかたはたまたま薬に依存しましたが、お酒でもギャンブルでも恋愛でも買い物でも……何でもメカニズムは同じです。

知らず知らずに親やパートナーへ依存してしまっていることを、カウンセリングで初めて気づかれた方も多数いらっしゃいます

 
 

bcc0ade9831b7d3ab3c237954f5a35e8_s

 

きちんと気づいて受け入れるためには、少しコツがいります。

カウンセリングを受けてくださっている皆さんは、かなり昔にまで戻って、色々なことを思い出したり考えたりして、自分と向き合っています。

カウンセリングを受けていただいた方、皆さんが、自分が依存体質だということをすんなり認められます。

それは、依存症になってしまった自分を責めるためではなく、なんで薬が必要だったのかをわかるための作業であり、それがわかることで、二度とそこに戻らなくて済むようになるのです。

薬をやめるだけなら、飲まなくなればOKです。

けれど、本当の意味で断薬すること……もう薬があるところには戻らず、素の自分とうまく付き合って今後の人生を送れるようになるのは、私のカウンセリングのみだと自負しています。

既に、何名もの方が原因に気づき、トレーニングし、脱出されて行っています。

何歳になっても遅くはありません。

気づいたときがスタートするとき。

あなたも思い切って、『依存』という世界から脱出してみませんか?

-------------------------------

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

 

-------------------------------


断薬に関するメルマガを発行しています。
興味のあるかたは是非、メルマガに登録してくださいね♪
メルマガ登録

-------------------------------

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------