こんにちは。
『精神薬を断薬し、キッパリ卒業して二度と戻らない!』を目標とする断薬カウンセリングと 家庭問題のご相談を受けています、カウンセラーの工藤ふみ江です

私は10年以上前に始めて『軽いうつ病とパニック障害』という病名がつけられました。

その後は、社会不安障害とか不眠症とか言われたかなぁ?
あぁ、軽い躁鬱と言われたこともありました。

心の病にはうつ病のほか、双極性障害(躁うつ病)、摂食障害、パニック障害、不安障害、統合失調症など色々な病名があります。

私は現在『心の病は無い』という信念のもと、仕事(活動)をしていますので、うちにくるクライアントさんの誰一人として病人扱いはしませんが、取り敢えず、うちに始めて来た時には、皆さんそれぞれ病名を持っていらっしゃっています。

心が病んでしまう理由は、大きな悩みがあったり、越えられない壁があったりしてとても疲れてしまい、心も身体も限界が訪れてしまったからですが、

どうしてAさんはうつ病で

どうしてBさんはパニックで

どうしてCさんは摂食障害

だったんでしょうね?

……というところまで、うちのカウンセリングでは考えます。

うつ病と言われた人が、社会不安障害と言われることはよくありますし、こういう場合は、病院や医師が変わったお陰で病名が変わってしまった例ですが、上記のように、うつとパニックや摂食障害は大きく出る症状が違いますから、これは病院によって病名がコロコロ変わるというのとはちょっと違います。

でも、なぜAさんは摂食障害にもならずパニックも起こさないのに

Bさんはパニックを起こしてしまい

Cさんは摂食障害という症状になってしまったんでしょう?

 

これはその人の生育歴や、性格・思い癖がおなり影響しているんです。

それまで成長してきた軌跡の中に、その病になってしまう原因がちゃんと隠されているのです。

 

そういうことまで紐解けてしまえば、回復させて行くことなんて簡単です。

今後、同じような症状を起こさないようにすることも可能になります。

断薬するときは断薬することに注力しなければいけませんが、断薬後にはこういうこともきちんと解決して行くことが、これから先、何年も何十年も生きていく上で、とっても大切なことになるんですね。

あなたが病んでしまったのには、必ず理由があります。

その理由は自分が気づいていないところに隠れていることも、とても多いものです。

その理由……きちんと紐解いていませんか?

紐解く……ということは、自分を縛っているものを解くということ。
つまりは解放されるということです。

この理由がわかった人は、「そうだったのかー!」と何かから解放されたような顔になります。
どなたも、とても嬉しそうです。

私は一人でも多くの人に、生きやすさを手にしてもらいたいと願っています。
そのお手伝いができること大きな喜びで、この仕事をしています。

 

-------------------------------

↑のバナークリックで電話を掛けることができます。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

 

-------------------------------


断薬に関するメルマガを発行しています。
興味のあるかたは是非、メルマガに登録してくださいね♪
メルマガ登録

-------------------------------

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------