こんにちは。
『精神薬を断薬し、キッパリ卒業して二度と戻らない!』を目標とする断薬カウンセリングと 家庭問題のご相談を受けています、カウンセラーの工藤ふみ江です

埼玉は今年、桜の見頃のときに雨に見舞われ、あまりお花見を楽しむことができませんでした。

因みに私のオフィスの吉川市というところには

こーんな見事な桜通りがあるのですよ^^
皆さんの地域はいかがですか?

昔、病んでいた頃、薬漬けの頃は、歩いて数分のこの桜通りまでも行くことができませんでした。
今では、家から一歩も出ない日がほとんど無くなりました。

人って変われば変わるものだな……と思います。

今、なかなか外に出られない皆さんにも、早く外に出て、いろんなことを楽しんで欲しいなーと心から望んでいます。

 

さて……

断薬のご相談をお受けするようになってから、お母さんからのご相談がとっても増えました。

まぁ、断薬カウンセリングを始める前は、離婚相談が主でしたからね。
離婚の問題で親が出て来るなんて、そうそうないよね(たまにあったけど……(笑))

子どものことを心配するのは当然。
しかも、薬で会話も難しくなっていたり、もしかして正気ではないかも……?と思ったら、「まずは私が勉強しなきゃ」という意識が働くのも当然と言えば当然です。

でも……

お子さんよりお母さんの方があまりにも勉強し過ぎてしまって、専門用語ペーラペラに私に説明するお母さんの多いこと、多いこと。

私も母親ですからね。
一生懸命説明して、私に理解してもらいたいという気持ちでいるのはよーくわかるんです。

けれど、この問題は誰の問題なのでしょう?

子どもさんの問題ですよね?

それを先頭切って、相談して来て説明して……ってしてしまうのは、既にそこで自分の問題としてしまっていることに気づいていますか?

 

うちにご相談にいらっしゃるお母さん、うちが初めてじゃないかたもとても多いです。

そういうお母さんのほとんどが、前のところで「あなたが構いすぎ!」と叱られて来ています。

なので、自分が構いすぎなのはよーくわかっているのですが、でも、やっぱり目の前で苦しんでいる子どもをどうにかしてやらないとという気持ちを捨てられず、また私にも叱られるのを覚悟でご相談にいらっしゃるようです。

私は、他所様と同じように「あなたが構いすぎ!」と一言で叱って終わらせるようなことはしません。

 

っていうかね。

叱るのは簡単なんです。
でも、じゃぁどうしたらいいの……? って、きちんと教えているところがあまりにも少ない。

うちに来る前のところできちんとそれをお話していたら、お母さん、またわざわざうちに来る必要はありませんよね。

他所に相談に行ったことがあるのに、うちにも相談にいらっしゃったお母さんたちはみなさん、『どうしたら?』が見つからないから、うちにいらっしゃっているんですよね。

子どもの問題は子どもに向き合わせて、考えさせなければいけません。
それは確かなことです。

けれど実際には、薬の影響で今すぐにはそれが無理な状況の人もいます。

私は、その時にお母さんはどうしたらいいのか、今後、どう向き合って行けばいいのかもお話しています。

そして、お母さんはお母さんの問題を解決しなければいけません。

「子どもを構いすぎ」「子どもを操縦しようとしている」などと言われるお母さんには、そうなってしまう原因があるのです。

 

実は、お子さんのことでご相談に来られるお母さんたちは、皆さんとっても生きづらそうです。
見ている私がツラくなるほどです。

そのことに全く気づいていないお母さんもいらっしゃいますが、大体のお母さんは気づいています。

本当はそこを解決できれば、随分、お子さんとの関係性だけでなく、ご主人との関係性も見直すことができ、家庭そのものを作り直すことも可能になるんですよね。

もちろん、お母さん自身も無理なく子離れでき、のびのびと自分の人生を生きられるようになります。

家庭で起きた問題は、お母さんだけのせいではありません。

でも、お母さんが「どうにかしなきゃ」ととっても悩んでいるのであれば、ご自分の問題も解決しなければいけないことに気づきましょう。

 

そして、子育てはいつでもやり直しができるということを知っておいてくださいね。

今、子どもさんに起きていることは、あなたが育てて来た結果です。

子どもは育てたようにしか育ちません。
子どもが勝手に問題行動を起こすようになることはありません。

親が、子どもを人間として向き合い、「このように育てたい」という強い信念をもって育てれば、子どもはそのように育ちます。

なので、今、もしお子さんに問題が起きている(薬漬けになっていることも含めて)と思われるのであれば、それはあなたの成績表と捉えて間違いありません。

けれど、子育ては必ず気づいたときからやり直しができます。
子どもがいくつになってもです。

そのことを忘れず、もっと、自分は母親だという自信を持って、お子さんと向き合ってくださいね。

その方法はいくらでも伝授しますから。

 

今度、個別カウンセリングのほかに、子育てやり直しセミナーでもやろうかなぁ。
希望される人がいましたら、是非、簡単に「そんなのあったら行きたい!」とお問い合せフォームよりメールくださいね^^

-------------------------------

↑のバナークリックで電話を掛けることができます。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

 

-------------------------------


断薬に関するメルマガを発行しています。
興味のあるかたは是非、メルマガに登録してくださいね♪
メルマガ登録

-------------------------------

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------