こんにちは。
『精神薬を断薬し、キッパリ卒業して二度と戻らない!』を目標とする断薬カウンセリングと 家庭問題のご相談を受けています、カウンセラーの工藤ふみ江です

今の私はね。
薬は良くないものだと思っているし、やめた方がいいと思っているし、やめて欲しいと思っています。

でも、Facebookなどを見ていると
「薬は良く無いんだよ」
と訴えている人に、必ず
「薬が必要な人間もいるんです!」
「薬で助けられている人間もいるんです!」
って反論する人がいますよね。

そんなこと言ったら、また「アホじゃないの?」と一言で片付けられてしまいますけどね^^;

 

私は、薬は良くないものと思うようになって何年も経つし、薬を選んでいたときの自分を猛烈に反省しているから、段々と薬を飲んでいた時期の気持ちを忘れつつあるのだけれど、落ち着いて考えてみれば、私もね

もう一生、睡眠薬がないと眠れない人間なんだ思い込んで

いました。

だから、そこをちゃんと思い出そうとすると、「薬に助けられている人間もいるんだ」と強く訴えたい人の気持ちもわからなくはないなぁって思うんですね。

でも……私は薬が悪いものだと気づいて断薬しました。
私の元には多くの人が「断薬したい」と相談にいらっしゃいます。

そういう人と、「薬が必要なんだ」「薬に助けられている人間もいるんだ」と強く訴えている人って何が違うのだろう?って私はずーっと考えていたんですね。

で、気づいたんです。

違いはただひとつ……その人のタイミングだけです。

よくね。
「自分には薬が効いている」と言うと、「それは気のせいだ」とか「プラセボ効果だ」とかも言われちゃうけれど、一時期、確かに効く(ような気がする)んですよね。

それも事実です。

ひどく落ち込んだ気持ちが軽くなったり、眠れなかったのが眠れるようになったり。

自分の困った状態が少しでも改善されたら、そりゃ「効いた」って思うのは当然。
一度効いたと思ったら、飲んでいない状態には戻りたくないから、薬を飲み続けるのも当然。

しばらくの間続いていた不具合の原因を、いくつ病院を回っても原因不明と言われ、見つけられず、最後に駆け込んだ精神科(心療内科)で精神薬をもらったら楽になった。
そうしたら「助かった」と思うのも、しばらく薬を飲み続けても飲む前以上の不具合が出なければ、「私は薬に助けられている」と思い込んでしまっても、当然の流れっていえば当然の流れなんです。

だから!
薬の効き目を感じてしまった人ほど、薬漬けになるってしまうんですね。

薬を飲み始めて「これはおかしい」と思った人、最初から効き目を感じなかった人は薬漬けにはなりません。
病院に通い続けることもしません。

自分には効いている・助けられたと思うから、病院に通い続け、薬を飲み続けてしまうんです。

そして、薬を飲み続けても大した副作用を感じなかったり、薬で動き続けられていると思い込んでいられる間は、自分にとって、精神病院(心療内科)と薬は不可欠なものになってしまう。
まさか自分が『薬漬けの状態』だなんて思いもしないんですよね。

 

でも……それは、たまたまだということを知って欲しいんです。

私も何年も不具合を感じませんでした。

私がだんだん動けなくなって行ったのは、薬を飲み始めて7~8年経ってからです。

すぐに動けなくなったわけじゃーないんです。

その間は私も薬がないと生きて行けないと思っていたし、そんなに多量な薬を飲んでいると思っていなかったので、私は薬漬けの人間ではないと思っていたんです。

なのに、気づいたら私は動けなくなって行っていました。
「このまま薬を飲み続けたら死ぬな」と思うくらいになっていました。

今、これを読んでいる薬を飲んでいるあなたも、今はまだたまたま動けているだけかもしれません。
来年には、動けなくなってくるかもしれないんですよ。

そんなことはないという保証はどこにもないんです。

 

そしてね。
「薬を飲まなくなると動けなくなるんです。薬を飲めば動けるんです。だから薬が必要なんです」
と言う人がいますが……それ、病気ではなく薬の禁断症状で、飲まずにいると具合が悪くなっているんです。

あなたが「薬が必要なんだ」と訴えている状況は、

病気だからではなく、覚せい剤中毒の人とまるで同じ依存状態なだけなんだ

ということに、できるだけ早く気づいて欲しいんです。

 

薬を飲んでいて、今、まったく不具合を感じていない、助けられているという人には、動けているうちに気づいて欲しい。

あなたが病院に通い続けて、もう何年も経っているのなら、あなたが薬を飲み始めたときの原因はもう片付いていませんか?

ということは、本当はあなたの身体はもう薬が必要な身体ではない可能性が高いんです。

元々、あなたは病気などではなかった。
ギリギリまで頑張って、身体が悲鳴を上げるくらい無理をして、それでもその悲鳴を無視するために病院に行き、薬を飲み始めたのではないですか?

本当は他に助かる方法があったら、薬なんていらなかったのではないですか?

そこから目をそむけないでください。

自分が依存状態に陥っていることに冷静に気づけたら、逆に、そこから抜け出せるようになるんです。

薬なんてなくたって、病気にならなければいけなかったほどツラかった現実から救われる方法はいくらでもあります。

私がここにいます。

うちのクライアントさんたち、皆、自分の問題をきちんと解決して、前に進んでいますよ。

本当に動けなくなってからでは、薬漬けから抜け出すのはもっともっと大変になるんです。
それでも死に物狂いで頑張っている人もいます。

でも、あなたは死に物狂いにならなくていい前に、どうぞ気づいてください。

あなたは病的症状には苦しめられたけれど、病気ではないんです。

精神薬が長期的に必要な人なんていません。
薬なんて何年も飲むものではありません。

あなたはもう何年病院に通い続けていますか?
うちのクライアントさんたち、皆さん、半年から一年で卒業されていますよ。

いつまでゴールの見えない場所で闘っていますか?

これからは、ゴールを目指して走りませんか?

 

-------------------------------

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

 

-------------------------------


断薬に関するメルマガを発行しています。
興味のあるかたは是非、メルマガに登録してくださいね♪
メルマガ登録

-------------------------------

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------