こんにちは。
『精神薬を断薬し、キッパリ卒業して二度と戻らない!』を目標とする断薬カウンセリングと 家庭問題のご相談を受けています、カウンセラーの工藤ふみ江です

『心の病』になってしまう人と、ならない人……何が違うと思いますか?

 

『心の病』になる人は、(無意識的に)なる必要があってなっています。

その理由は人それぞれですが、病む必要のない人は病むことはありません。

こんなこと言われたら、
「そんなはずない!好きで病気になっているわけじゃない!」
って言いたくなりますよね。

でも、カウンセリングを受けて断薬を果たせた皆さんは、きちんとこのことを理解されています。

ちゃんと自分と向き合うと理解できるようになるのです。

 

そう……。

私も病む必要があって病んで、眠れなくなる必要があって眠れなくなりました。

そして私もそれは、断薬していく過程で、自分と向き合って、ようやくわかったことでした。

 

それは心が弱いとか強いとかの問題でもなく、その人が善いとか悪いとかの話でもありません。

でもね……

薬を飲み続けるのは、やっぱり良くないこと。

いつまでも毒を飲み続けるというのは、自分の身体に対して、とても可哀想なことをしています。

 

『心の病』になる必要はあったとしても、薬漬けになる必要はありません。

薬漬けになったって、ひとつもいいことはないのです。

性格も段々と本来の自分から離れてしまい、どんどん動けなくなってしまい……。

だからといって、心が軽くなることも、ましてはや治ることなんてありません。

気づけば5年、10年、楽に無駄にしてしまうんです。

私自身が病んでしまって薬漬けになってしまった人だからね。

本当にバカなことしたなぁ……と、その過去を消し去りたいくらい悔やんでいて、恥ずかしいと思っています。

あの数年間が、本当にもったいなかったなぁって思っています。

 

私はね。

やっぱり薬をやめて良かったということを、皆さんに伝えて行きたいです。

今、薬を飲んで、何かモヤモヤしている人、家族が薬を飲んでいて、本当は薬は良くないんじゃないかと悩んでいる人……

そんな皆さんに、薬はやめた方がいいんだと思ってもらいたいんです。

 

私は薬をやめて、ぐっすり眠れるようになりました。

薬を飲んでいた頃より、体力がついて(戻って)、遠出するのもツラくなくなりました。

 

断薬するかしないかは、医師が決めることではありません。

薬を処方するのは医師ですが、医師は薬をやめてはくれません。

薬をやめると決めるのは自分自身。

断薬を実行するのも自分自身なのです。

 

最初は薬が全くなくなることが少し怖いかもしれません。

私もそうでした。怖いと思っていました。

薬がなくなって大丈夫なの?と思っていました。

でも、実際なくなってみても、何も困ることはありませんでしたよ。

いや、それより身体は軽くなるし、病院には行かなくて良くなるし、いいことばかりです。

 

もし、薬が良くないものでは? やめた方がいいのでは?

と少しでも思っているのなら……今がチャンスです。

よーく考えてみてください。

薬のない自分は、少しの勇気で手に入ります。

身体に良くないものなのではないの?と思いながら、飲み続けることはしないでくださいね。

それは自分を騙し続けているってことなのですよ。

 

-------------------------------

↑のバナークリックで電話を掛けることができます。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

 

-------------------------------


断薬に関するメルマガを発行しています。
興味のあるかたは是非、メルマガに登録してくださいね♪
メルマガ登録

-------------------------------

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------