こんにちは。
『精神薬を断薬し、キッパリ卒業して二度と戻らない!』を目標とする断薬カウンセリングと 家庭問題のご相談を受けています、カウンセラーの工藤ふみ江です

薬を減らして行ったり、飲むのをやめたりすると、具合が悪くなるかたが多いですよね。

前回の記事で、その理由は薬を減らしたり、飲まないせいで病気(症状)が悪化したのではなく、薬の禁断症状だというお話をしました。

では、なんで精神薬を飲まなくなると、禁断(離脱)症状は起きるのでしょうか?

 

それは、あなたの身体が、既に精神薬に対して依存状態に陥ってしまっているからです。

そして、その依存状態に陥ってしまった身体が、『薬がなくても大丈夫な状態に戻すぞ!』と頑張って闘ってくれている状態が、禁断症状なのです。

なので、断薬するためには、症状は出た方が回復が早いとも言われてます。
(とは言っても、当人にとっては出ない方がいいよね……苦しいもん(-_-;))

731cb1403676d3cbe18b123befa6e7a8_s

 

中には
「え……? この薬は依存なんてしないと医師に言われているけれど……?」
という人もいるのではないでしょうか。

でも、残念ながらそれはウソです。

私も当時の主治医に散々言われましたが……エライ思いをしましたからね(;´∀`)

因みに、私は症状が良く出た方なんだそうです。
(※[断薬]のススメ 内海聡著 私の体験談が掲載されており、その後の解説にそのように書かれています。)

a5a62d2d130d683d2ce7af465ba6774b_s

 

精神薬は依存します。

下記は娘の高校のときの教科書の写真なのですが、その教科書にもきちんと掲載されているのですよ。

10489053_719436784770345_814298096_n-1

10510189_719436114770412_429407447_n-1

ご覧の通り『向精神薬』は、身体依存は『強い』精神的依存は『非常に強い』と記載されています。

高校の教科書に掲載されているものを、どうして医師は「ない」と言うのでしょう?

これには二通りあると思います。

知っていてウソを言っている医師。本当に知識がなく知らない(ないと思い込んでいる)医師。

どちらにしても最悪です……

向精神薬は依存するということ。

減らそう・やめようと思うと禁断症状が起きる可能性が強いということをきちんと理解しておかなければいけませんね。

少しでも禁断症状の恐れがない状態でやめるには、もちろん、できるだけ早くやめるということに尽きます。

早ければ早いほど、依存の可能性は低いですからね。

精神薬はやめるのが大変な薬だとわかったら、できるだけ早く飲むのをやめましょうね。

心の病は薬がなくても治せますから。

……いや、薬を飲んでも心の病は治りませんからね。

心の病を薬なしで治す方法は、当ルームで伝授していますよ^^

 

禁断症状ってどんな風になるの……?というお話はまた次の記事で書いてみますね。

 

 

 

-------------------------------

↑のバナークリックで電話を掛けることができます。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

 

-------------------------------


断薬に関するメルマガを発行しています。
興味のあるかたは是非、メルマガに登録してくださいね♪
メルマガ登録

-------------------------------

『断薬したい人のための7日間メール講座』もどうぞ^^
ご購読申し込みいただくと、
ミニブック『「断薬したい」と望んでいるかたからの10の質問』
をプレゼントします!
購読申し込みはコチラ!

-------------------------------